パソコン用語集A

パソコン用語集A

パソコンに関する用語集を紹介します。

サ行    

サーバ   クライアントからの各機能の要求を処理する中心的なコンピュータのことをいいます。
再インストール   もう一度、インストールをやり直すこと。

再起動   もう一度、パソコンの電源を切断し、再投入すること。

最小化   今見ているウィンドウを画面表示上から消すこと。

最大化   今見ているウィンドウを画面いっぱいに表示すること。

サイト   ホームページの別名です。

シェアウェア   インターネット上からダウンロードできるソフトウェアで、有料。

初期化   最初の状態にすること。

シリアルナンバー   ソフト・ハード共に個別商品1個ずつに製造者が割り当てた番号。

ショートカットアイコン   プログラムやファイルわざわざ直接選択しなくても、別の場所)から選択することのできる。

常駐   プログラムが常に起動している状態。

ショートカットキー   マウスを使わずにキーボードだけで操作できるように予め登録されているキーの組み合わせのこと。

スキャナ   紙や写真などを読み込み、パソコンに見たまま保存できるもの。

スクロール   画面に入りきらない場合、その内容の上下左右を見るために画面を動かす動作のこと。

スクロールバー   画面をスクロールさせるための右側・下側に表示されている棒状のもののこと。

スライドショー   自動的に画像ファイルを順番に画面上に表示する機能のこと。

セーブ   作成中の文書なとを保存すること。

セーフモード   通常の電源ボタンを押すだけの操作では、パソコンが起動しなくなってしまった時に、なんとか起動させるモード。

タ行    

タイムアウト   コンピュータは処理を要求した後、その応答を一定時間待ち合わせるが、その応答が帰ってこない状態。インターネット上の特定アドレスにアクセスしようとしたが、そのサイトが混雑しているような場合、当メッセージが表示される場合があります。

ダイアログ   パソコンを操作する人に対して、エラー情報や警告を知らせるために表示される画面のこと。

体験版   シェアウェアを制限・使用期限つきで無料使用できるソフト。

ダイヤルアップ   公衆電話回線を使用してインターネットに接続する接続形態。

ダウンロード   インターネット上のファイルを自分のパソコンに取り込むこと。

立ち上げる   パソコンの電源を投入して、使用可能な状態にすること。

タッチタイピング   パソコンのキーボードを見ずに、入力を行う動作こと。

ダブルクリック   マウスの左クリックを2回連続で行うこと。

タスクバー   今現在起動されているプログラムを表示する、画面最下段行にあるバーのこと。

タスクトレイ   タスクバーの右側に表示されているプログラムアイコンが並んでいる場所のことを指します。

通信速度   インターネットなどとの接続で、データの送受信を行う際の速さ。

ディスク   データを記録しておく場所フロッピーディスク・CD−ROMディスク・ハードディスクなどがあります。パソコンの中に設置しているものを内蔵ハードディスク、パソコン周辺に設置しているものを外付けハードディスクと言います。 ハードディスクの中身は円盤上になっていて、レコード盤の針のようなものでアクセスします。

デコード   音楽ファイルなどでファイル形式を変更されたものを、元の形式に変更すること。

デスクトップ   ノートパソコンとは違う形をした、パソコン本体と画面とが分かれているタイプのパソコンのこと。

デフォルト   一番最初に設定されている状態のこと。初期値と同意語。

テンキー   キーボードの右側に付いている数字入力ボタン。

ドラック&ドロップ   マウスの操作で移動させたいファイルを左クリックしたまま、目的の場所までマウス移動してファイルを移動させる方法。

トロイの木馬   コンピュータウィルスの一種で、主にシステムの内部に侵入し、そのパソコンの操作内容やキー入力値などの情報を定期的にハッカーに送信します。

ナ行    

認証   利用すべき人がサービスを利用しているのかどうかを確認すること。

内蔵型ドライブ   パソコン内部に設置されているディスク類のこと。

ネット   ネットワーク・インターネットの略称。

ネットワーク   複数のパソコンがLANケーブル・通信回線・ルータ・ハブなどによって接続されている1つのグループのこと。


pickup


犬 服 通販



Last update:2019/3/19

Copyright c 2008 パソコン入門. All Rights Reserved.